北八ツ歩きと黒百合テン泊-2-

完全にサボり癖が付いてしまって、放置していた半年以上も前の記事をどうしようかと思いましたが、中途半端は気持ちが悪いのでつづきから。

一応、山には月3~4くらい、キャンプは思い立った時に、そして新たに自転車なんかも始めたので、これを機に今までくらいバンバンUPします(ホントカナ・・・)

引き続き、どうぞよろしくお願いします。



DSC_0160





~つづき~

黒百合ヒュッテは女性に人気が高い、というのは聞いていたけどほんとに多い。
小屋の外観もさることながら、中の雰囲気もお洒落。
雪が付いている季節でも比較的安心して歩いてこれるのもいい。



DSC_0152

カレーを食べてしばらくボーっとしたら動きたくなくなったけど、このままジッとしてるのももったいないので天狗岳へ。




東天狗まではひたすら直登。
そこそこ急な傾斜を登っていく。
岩場は雪が付いていない箇所、凍ってる箇所があるので慎重に。
雪のない岩にアイゼンの刃が擦れる「ギー」っていう音は何回聞いても嫌だ。
八ヶ岳のこの辺りまでだったら、軽アイゼンで何の問題もない。

DSC_0157

DSC_0159

DSC_0166




東天狗に上がった。
相変わらずの絶景!!
硫黄岳も横岳も赤岳も、北八ツの森もはっきり見えた。そのずーっと先には北アルプスも。
小休止して西天狗へ。
ソリがあったらすごく楽しそうな斜面、下りはシリセード。

DSC_0172

DSC_0177

DSC_0181

DSC_0183

DSC_0197

DSC_0202




とりあえず目標は達成したのでテン場へ戻ることにする。

DSC_0206

DSC_0221

DSC_0227



小屋オリジナルワインボトルと持ってきたツマミを畳の上で。この上なくいい気分。
前日の徹夜のおかげで、ワインを半分空けたところで二人とも睡魔に撃沈。

DSC_0229




テントに戻ったら(どうやって戻ったか憶えていない)いつの間にか爆睡していた。

目がさめて外を覗くと暗くなりかけている頃。
相方はまだ爆睡してそうなので、テントの中で一人焼肉。
こんな時もeventは全くの結露知らずで本当に素晴らしい。

DSC_0230

DSC_0234



お腹も一杯になりシュラフにくるまってヘッドフォンで音楽を聴きながらゴロゴロしてると、またいつの間にか寝てしまった。




-Day2-

2日は下山だけの予定なので気が楽。
ゆっくり朝ごはんを食べだらだらしていると、周りは誰もいなくなった。

DSC_0239

DSC_0241



下りは中山~高見石小屋~白駒池~麦草峠のルートで。
基本樹林帯なので眺望はなく、歩きやすい道をずんずん歩く。
気が付けば白駒池だったというかんじ。

DSC_0252

DSC_0257


GWの八ヶ岳は気温も高くて雪も楽しめて最高でした。
次は北の縞枯山、蓼科山あたりをまったり歩くか、南の赤岳あたりをガシガシあるくか、楽しみです。


~fin~


-Memorrandum-
wear:停滞時
Westcomb/Chilko Sweater
Westcomb/Crest Hoody
ibex/Woolies 150 Crew
Nanga/Portable Down Pants
Sleeping Bag:
Weatern mountaineering/Kodiak
Tent:
Locus Gear/Khufu eVent

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。