初めての上高地~涸沢テン泊

去年の9月の山行記録。





「一番行きたいところは涸沢」
なんて言っておきながら、おととしは結局行けず、「このまま今年も行けず仕舞いか」と諦めかけていたところ、急きょ行ける予定が立ったので紅葉前だけど歩いてきました。


理想は「日本一」とも言われる紅葉シーズン。でも人手はとんでもなく凄いらしいので、逆に空いてる時期に行けて良かったかも。
天気はイマイチだったけど、ゆったり満喫してきました。
ご一緒したのはのぶちゃんとりかちゃん。



-Day 1-

あかんだな駐車場からバスに乗り、平湯温泉下車。
時間もあるし、上高地BTの手前で降りて、ゆっくり梓川沿いを歩くことにしました。
バスを降りるとほんのり硫黄臭、目の前に焼岳がドーンと。山頂から水蒸気っぽい白煙が上がっているのが見える。(現在、焼岳は噴火警戒レベル。南峰は立入禁止)
靄の大正池に映る焼岳の美しさにしばし呆然。
いきなりの絶景にこの先の期待値が上がります。


Processed with VSCOcam with kk1 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset



梓川は水量多めだったけど、それはそれは綺麗。
あっという間に河童橋まで来ました。



始発から2本目のバスだったこともあって、登山客はまだまばら。
写真でしか見たことのない河童橋はいつも人混みのイメージだったけど、時間も早いし天気予報も悪かったので観光客はほとんどいない。
橋からは観光サイトとかで良く見るお決まりの風景だけどやっぱり凄い。

西穂、ジャンダルム、奥穂、吊尾根、前穂、明神岳。
ここから見た北アルプスの山々は、普段鈴鹿慣れした感覚からすると、そのスケールの大きさに神々しさを感じます。
白馬岳の時と同じ「あんなところまで行ける気がしない」っていうくらいのスケールの大きさ。
やっぱりアルプスはすごいな。

Processed with VSCOcam with kk1 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset




まず往路は梓川の右岸を歩きました。
朝日が射す木道は幻想的。
川の水もありえないくらい透明。

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with g3 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset





明神館の次は徳沢園で小休止。
楽しみにしていた定番ソフトクリームが美味い!
偶然この日は「涸沢フェス」で、徳沢のテン場は出店ブースなどで賑わっています。
すごくきれいなテント場で、今度はここをベースにして行動するのも楽しそう。

Processed with VSCOcam with c1 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with t1 preset




上高地から横尾まではひたすら平坦な道が続きます。
あまりにも延々と続くし、基本林道なのでロケーションも良くなくて、正直飽きてきますね。
その平坦な道が悪かったのか、久しぶりの重荷が悪さしたのかどうかは分からないけど、じわじわと足に痛みが…

河童橋~明神館~徳沢園~横尾はほぼ均等に小屋があってちょうど良い。
横尾山荘で小休止し、小屋のカレーで昼ごはん。

Processed with VSCOcam with kk1 preset

Processed with VSCOcam with g3 preset




横尾を出ると、この頃からさっきまでじわじわだった所が尋常じゃないくらい痛み出します。
右足の膝裏の外側。
あまりに痛くて足が上がらない。
激痛にもかかわらず、不思議なもので寝不足で眠気が勝っているのか睡魔とも戦いながら歩く。
そこらじゅうにつまずきながら、なんとか本谷橋まで来ました。
痛すぎるのと眠すぎるのとで、正直横尾から本谷橋まではどう歩いたか記憶がなく、思い出せません。

半べそでようやく着いた本谷橋でアイシング。
雪解け水に足を突っ込むと、冷たすぎてさらに泣きそうに。

Processed with VSCOcam with f2 preset

IMG_3589



いよいよここから登りの本番。
ガスったり切れたり、周りの眺望が変わるので、平地より登りのほうが痛みを騙し騙し歩けて楽。

カメラをパシャパシャしながら歩いてたらいつの間にか涸沢のテン場に到着です。一時は上まで歩けないんじゃ?と思ったけど良かった。
今にも降り出しそうな天気だったので急いで設営。
自分はTarptent Moment、のぶちゃんはLocus Gear Khufu Silをりかちゃんとシェアで。

Processed with VSCOcam with c1 preset

Processed with VSCOcam with kk2 preset




設営が終わった頃雨がパラついてきたので、クフの中へ避難し、みんなで晩ごはん。
リゾットとか定番涸沢ヒュッテのおでんとか、2人にご馳走になりっぱなしで、自分の持ってきた食材は出番なし。デザートにはシフォンケーキとビスコッティまで。
男同士の山行では絶対に食べられない!!
ドライフーズで切り詰める食事もそれはそれで楽しいけど、やっぱりこっちのほうがいいですね(笑)
ご馳走さまでした!

Processed with VSCOcam with t1 preset

Processed with VSCOcam with c1 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset



とにかく足が痛くて、あぐらでも正座でも女の子座りでも座っているのが辛い状態。
足を伸ばしていないと辛いのでテントへ戻り、ゴロゴロしているといつの間にか寝てしまったようです。
テントを叩く雨の音で目が覚めたのが22時ごろ。
外の気配を確認するのも嫌になるくらいの土砂降り。
幸いテント内は快適だったのでそのままボーっと考え事をしてるうちにまた寝てしまいました。
翌朝聞いたら、ちょうどこの頃クフの中は大変なことになっていたみたいで、声を掛けなかったことが悔やまれます。

その原因。
涸沢はテン場が石でゴロゴロしているので、シュラフの下に敷くためのベニヤ板を貸してくれます。
クフ用に一枚借りたベニヤの長さがテントの幅より若干長く、ベニヤの端が少しだけテントからはみ出していて、そこに降った雨がベニヤの上を伝ってテント内へ。
シュラフの下が川になっていたようで、朝見せてもらったりかちゃんのレンタルシュラフは完全に濡れていました…
幸いシュラフの中までは濡れていなくて本当に良かったけど、これは反省。





-Day 2-

2日目の朝もガスっていたけど、時々晴れ間も。
ほんの一瞬の晴れ間から、涸沢カール、涸沢岳が見えてテンションが上がります。
今度は天気のいい日に来てみたい。
足の痛みも前日の50%くらいに収まっていたので一安心。

ゆっくり朝ごはんを食べて撤収した。
またまた2人にいろいろ出してもらって、結局自分が持ってきた食料にはほとんど手を付けなかった。
ありがとう!ご馳走さまでした!

Processed with VSCOcam with g3 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with g3 preset

Processed with VSCOcam with t1 preset



下りも同じように本谷橋、横尾、徳沢園で休憩。

徳沢園を出発してテン場を見ると・・・
TarptentのMoment、MHWのHoopla、BDのLighthouseなど(あと一張りは失念)、明らかに変態
もとい同じニオイのするグループを発見。
誰もいなかったので声を掛けられなかったけど、あとからNaoさんやJimさん達だったと聞いてビックリ。
しかも徳沢からRUNで槍アタック、すごいなぁ。
時間的に自分たちが横尾に着く前に槍沢方面へニアミスだったようで…会えずに残念でした。

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset

Processed with VSCOcam with f2 preset

Processed with VSCOcam with kk1 preset



最後の最後、明神館から先はゲリラ豪雨に合ったけど、なんとか足ももって無事下山。
定番「ひらゆの森」で温まってから帰路につきました。

Processed with VSCOcam with t1 preset



初の上高地&初涸沢は大満足!!
涸沢小屋のパフェを食べ忘れたし、また来ます!


fun hiking.



-Memorrandum-
Hard Shell:Westcomb/Switch LT Hoody
Middle Layer:Westcomb/Crest Hoody
Base Layer:The North Face/UTMF Original T-shirts
Pants:HikeReady/RaceReady
Socks:Lotus/Drymax Lite Trail Run Mini Crew
Shoes:Altra/LonePeak

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。