Solo Hike@竜ヶ岳20130330

山登りを始めた去年の10月、最初に登ったのがこの「竜ヶ岳」。

尾根から広大に続く一面熊笹の風景が大好きでもう一度行ってみたかったので行ってみた。
あれから体的にどのくらい慣れたのか知りたいのもあったし、なにしろ自宅から一番近い山。


20130330_01





初登山の思い出はとにかくしんどかったってこと。
あの時は日頃の運動不足が祟って3日間筋肉痛がとれなかったけど、慣れというのは恐ろしいというか大したもので今ではそれがほとんどない。
継続は力なり!




去年の豪雨で裏道が閉鎖になり、新しく「金山尾根」ルートが開通したと聞いたので、受付の管理人さんにどっち廻りがオススメか聞くと、「金山尾根〜山頂〜遠足尾根」がいいんじゃないかと。
「じゃぁそっち廻りで行ってみますね」と届出を書いて8:20スタート。

とは言ったものの、登山口までの道中で気が変わり「遠足尾根〜山頂〜金山尾根」にした。
やっぱり自分は山頂を眺めながら遠足尾根を登りたい。
管理人さんはたしか以前も下りの遠足尾根をススメてくれたけど、結局今回も同じ選択だった(笑)



20130330_02


20130330_03


20130330_04


20130330_05


20130330_06


20130330_07


20130330_08


20130330_09


20130330_10



竜ヶ岳は山頂の強風はデフォらしいんだけど、この日もやはり強風だった。
ツルンとした山頂なので風は吹きっさらしだ。
斜面の座れる場所は先客がいたので、空くまで待って昼メシにした。


20130330_11


20130330_12


20130330_13


20130330_14




*
13:00下山完了。
金山尾根は開通してからまだ数日しか経っていない出来たてホヤホヤの道。
なのでまだ踏み跡もはっきりしていなくてちょっと冒険チックで楽しかった。
でも中道と同様、竜ヶ岳の下りは膝にくるなぁ・・

登りの遠足尾根はやっぱり最高だった。
キレイな笹とシロヤシオの群生は里山とは思えないロケーションでとにかく気持ちがいい!
最初の植林帯のツヅラ折れの急登さえ我慢して尾根に乗りさえすれば、あとは山頂までのビクトリーロードが待っている。



下山したら朝出した届出に時刻を書いて提出。
管理人さんといろいろ雑談したが、もう少し暖かくなると遭難(道迷い)とかケガする人が増えるらしい。
今の時期に登る人は装備がきちんとしているが、とんでもなく軽装の人や気楽に登れるだろうと思って山に入る人が多くなるこれからの時期はそういう事故が増えるということだった。
たとえ1,000m前後の低山でも過信は禁物、まして鈴鹿の山は網の目のように登山道があって迷いやすいので要注意。

最後に管理人さんとfacebookの登録名とブログのURLを交換した。
あ、それとバッチが再販されてたので迷わず購入。



思った以上のピーカンの日に登れて最高だった!
また来よう。





【Equipment】
Backpack :Klattermusen “Allsvinn”
Tops   :Montane “Puma Jacket”
Base   :Patagonia “Capilene2 Lightweight Crew”
Bottoms :Gramicci “Quick Dry Shorts”
Shoes  :Asolo “FNS95 GTX”
Gaiter  :Black Diamond “Cirque Gaiters Medium”
Pole   :Locus Gear “CP2”




〜fin〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。