鈴鹿の上高地(2)20130502

~つづき~




20130502_18




***


ラーメン食べてコーヒーで一服したら午後の部スタート。
まずは神崎川を渡渉して杉峠出合方面へ。
20130502_19





所々に釜跡があって人の営みの気配を感じる。
上水晶谷に出たら、川沿いを登って国見峠を目指す。





“水晶谷”と言われるだけあって、川の水質はめちゃくちゃ良い。
この辺りの岩がブルーグレー色なので、川の色が水晶色に見える。
20130502_20





それにしても誰もいない(笑)
いつもバリエーションルートを選んでしまうので人が少ないのは当たり前と言えば当たり前なんだけど、あまりに誰もいないと逆に寂しかったり。。。




ハンバーグ岩の手前でルートロスするが方向が分かっているのでさほど影響はない。
で国見峠に着くと、さすが御在所からの裏道ルートでもあるため人がたくさんいる。
20130502_21





ここから国見岳方面へ。
途中、見晴らしの素晴らしい場所で小休憩。
正面には御在所岳の山頂、スキー場、藤内壁がくっきり見える。藤内壁にいるクライマーも。
20130502_22





13:30国見岳山頂。


山頂すぐのところにある”石門”
つくづく自然は不思議。。。
20130502_23




途中の”青岳”。ここも眺望が良い。のでセルフ撮りなど。。。(TOP画)
誰かに見られると恥ずかしいのでササッと済ます(笑)





つづいて”キノコ岩”
つくづく自然って。。。
このキノコ岩の上から眺める景色が最高で、この日はまだアカヤシオが少ししか咲いてなかったけど、満開の時期は絶景だろうなぁ。
20130502_24




この先の腰越峠までの激下りがすごかった。
おおよそ登山道とは言えない道を下るというより落ちるっていうかんじで。
疲れた体に沁み渡る。。。




立派なケルンがあるところが腰越峠。
その先の登り返しの山頂がハライド。
20130502_25




激下りの後のハライドへの登り返しが体が持っていかれる程強風でこれまたなかなか・・・
強風っていうのは心が折れる要素なのがはっきり分かった。



ハライドからラストの下り。
20130502_26




16:30駐車場着。
朝何十台とあったクルマが戻ったら自分が最後だった。



目的だった鈴鹿の上高地を歩いてテントも張れたし、バリエーションルートで静かな山行ができた。


今度はみんなを連れて繰り出そう☆







【Equipment】
Backpack :Hyperlite Mountain Gear “Windrider”
Tops   :Westcomb “Sphere Pullover”
Bottoms :Gramicci “Climbing Cropped Pants”
Shoes  :Asolo “FNS95 GTX”
Gaiter  :Black Diamond “Cirque Gaiters Medium”
Pole   :Locus Gear “CP2”




〜fin〜











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。