タケ谷 ナイトハイク〜テント泊20131123

土曜日は朝から夕方まで子供の野球応援だったので、終わってから出発してタケ谷でテン泊。
翌日曜日に日帰り組と合流して歩くっていう計画。


ルート:夜発で朝明P〜タケ谷(テン泊)
    タケ谷〜神崎川左岸〜大瀞〜ヒロ沢〜ハト峰〜朝明P


20131201_01Nikon 1 v1




***Day1***

ソロでナイトハイクなんてもちろん初めての経験だし、いくら歩き慣れている登山道とはいえ流石に緊張する。
タケ谷ではリュウセイくん&ミホちゃんが待ってくれてるので真っ暗な駐車場からそそくさとスタートしたのが19:30ごろ。

ヘッデンとUCOのランタンを手持ちにして歩く。
まぁかなりの緊張感。
静まりかえった道に自分の足音だけが響く、かと思えば近くで獣の鳴き声が聞こえたり…
足元しか視界がないためか、慣れないうちは平衡感覚が鈍くなる。
立ち止まるとフラフラっとよろけるかんじ。
自分と地面との位置関係が分からなくなるためだろう。

途中、休憩時にヘッデンを消してみると、遠くに四日市の夜景が綺麗に見えた。
あんまり長居すると獣の鳴き声が怖いのですぐに出発。
途中、うっかりして沢に2回足を突っ込んだため靴下はびしょびしょ。そういえば替えの靴下持ってきてなかった。

なんとか1時間ちょっとでタケ谷に着いた時には2人が焚火で出迎えてくれた。

20131201_02


早速テントを張って飯の準備。
前回のタケ谷で食べたすき焼きが最高に美味かったので、今回も同じシリーズでちゃんこ鍋。
…が…が…調理中にバーナーから鍋ごとひっくり返してしまいジエンド…
メインディッシュは悲しくも地面に広がっていた。あーあ。

仕方がないので朝食分を繰り上げで食べ、あとはマッコリとつまみとでなんとか腹は落ち着いた。





月明かりが明るい。オリオン座もクッキリ見えた。
そういえばTVでオリオン座の1等星ベテルギウスが爆発で消える可能性があるって言ってた。
600光年以上離れているので、今見えてる光は600年以上前の光。
ひょっとしたらもうすでに消滅しているのかもしれないし、もしそうなら超新星爆発が見られるのは600年以上も先の話し…
星座に全く無頓着な自分でも唯一知っているオリオン座がなくなるかも?
空を眺めながらそんなことを思っていた。

20131201_03



夜は思った以上に寒くて、がっつり焚火で暖を取ろうっていう目論みの筈が、直前に降った雨のせいで湿った枝はなかなか燃えてくれず、体を暖めてくれるには程遠い火だった。

日付が変わる頃、これ以上は体が凍りそうなのでお開きにした。
20131201_04




***Day2***

20131201_05

Nanga Aurora Light 450DX、Nanga Portable Down Pants、Westcomb Chilko Sweaterの組み合せでも寒いくらいだった。
夜中に寒くて目が覚めることはなかったが、12月の鈴鹿でこの感触だとこの先厳しいのが分かったのが収穫。
見直すべきはシュラフかな。

20131201_06


タケ谷は陽が当たるのが遅いので朝もなかなか気温が上がらない。
リュウセイ君達もほぼ同じ頃テントから出てきた。
ワンタンスープが冷えた体にしみる。
20131201_07

20131201_08



撤収が終わりかけた10時前、tacさん、ケンジくん、アツシくん、チセちゃん、山ちゃん達が上がってきた。
しばらく一服。
20131201_09


ここからは楽しみにしていた初めてのルート。
まずは神崎川の左岸をヒロ沢出合まで下る。
最高にいいコースだった。バリエーションルートなので人は少ないし、マーキングも相変わらず分かりにくいけど鈴鹿の奥深さを再確認。
お気に入りコース決定。
20131201_11
20131201_12
20131201_13
20131201_14


ヒロ沢出合で徒渉し、ちょうど昼だったので大休止にした。
20131201_15

20131201_16photo by yamachan,thanks!



写真が無いのが残念だけど、この先のヒロ沢も雰囲気が良くて最高だった!
道も緩やかに高度を上げていくのでキツくもなくちょうどいいかんじ。
20131201_17


ハト峰峠手前のハト峰湿原、ここが日本庭園みたいで別世界。植物好きのリュウセイ君は大興奮してた(笑)



20131201_18
ハト峰へ登ったら林道コースで下山。


今回もみんなでワイワイ楽しいハイクだった。
初のソロナイトハイクも経験できたし、やっぱりテン泊は楽しい。
時間がない時でも夜登って泊まって朝サクっと下りるっていうのもアリかもしれない。



さてシュラフ探さないと(笑)


〜fin〜



-Memorrandum-
Westcomb/Switch LT Hoody
Westcomb/Chilko Swater
Westcomb/Sphere Pullover
Pataginia/Capilene2 Lightweight Crew
Tilak/Crux LT Shorts
Skins/Sport Long Tights
Nanga/Potable Down Pants

Altra/Lone Peak

Hyperlite Mountain Gear/2400 Windrider

Locus Gear/Khufu event


2 Comments

  1. こんばんは。ナイトハイクのお話わくわく楽しみにしてましたが、怖いですね。。
    獣の声の中、一人では怖い。。でも星空は見たいです(^^*
    やっぱり楽しそう☆ ヒロ沢ふかふかのトレイル、私も好きです☆
    でも、12月に入り、お山に行けないうちにもうすっかり雪山ですね。
    冬山装備は持ってないので、低山になりそうです(><・。)軽アイゼンで鈴鹿行けるのかなぁ。
    お山二年生になったし、wataruさんに影響されて、テントと、ULザック買おう決断!
    探してる最中は、わくわくです。やっぱり山と道がかっこいいですね。背負った方がいいのか、、いつもどうされてますか?wataruさんのHMGもかっこいいなぁ。
    テントは実物見てないですけど、憧れのヒルバーグソウロにしようかな、と。
    ギアを見て、使うのを想像すると楽しくて仕方ないですね。といつも長いコメントごめんなさい(^^;
    いつも素敵な写真と、楽しいお話、欲しくなるギアー情報ありがとうございます☆

    1. ■nobuさん
      こんばんは。
      ナイトハイク、最初は正直怖かったですけど慣れればオモシロイかも…って思っちゃいました。
      探検気分がハンパないです(笑)
      星空はすごく綺麗でしたよー!!

      今回のルートはお気に入り決定です。雰囲気いいしキツくないので最高ですね。
      今週の雪で鈴鹿も結構降ってますね。北部はスノーシュー欲しいくらいかなぁ。。
      御在所辺りだったら軽アイゼンで行けると思いますよ^^

      ザック、基本はネットで買ってるので背負ってません、一か八か(笑)
      ボクも大きいザックを探してて、山と道のONEが候補です。HMGはいいザックですよ。
      背負い心地は個人差あるけど、背中にピタっとくるかんじ。防水だし。
      白なんで汚れが目立つけど、それもまた味かなーって。
      テントはソウロ!
      ちょっと重いけど安心感がありますね。
      この辺の話しってしだすとキリがないですね。。。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。