OMM JAPAN RACE 2014

速く歩くのは普段やってること、でもRUNのトレーニングなんて全くしていない自分が初めてレースに出ようと決めたのは、このOMM JAPANのコンセプトにビビッときたから。

———————————————————————————————————-
UK発 「山の総合力」が試されるマウンテンレース
ORIGINAL MOUNTAIN MARATHON がついに日本開催決定!


このレースはトレイルランニングレースではありません。
なぜならこのレースには決められたコース(トレイル)はないから。
足が速く、長い距離を走れる走力だけでは攻略できません。必要なのは「山の総合力」。

山岳地を安全かつ正確に行動するためのナビゲーションスキルと経験、走力、そしてなにより精神力が試されます。
ゴールまでの道筋はあなた自身が導きだし、その「道」を正確に駆け抜けるのです。

広大な自然と真正面から対峙しながら、自分の体力、走力、極限の精神状態と向き合いながら、2 日間にわたり繰り広げられるダイナミックな” マウンテンレース” を体感してください。

————————————————————————————————————

以上、OMMサイトより




詳しい説明は主催者サイトを見ていただくとして、簡単に言えば、

”当日配布される地図上に落とされたCP(ポイント)を制限時間内にどれだけ多く回れるか”

という、1泊2日分の衣食住を背負って野山を駆け巡り2日間のポイントを競うレースです。
スピード、地図読み、装備、判断力、チームワーク。
サイトにも書いてあるとおり、まさに「山の総合力」を試すことができます。

カテゴリーは”ストレート”と”スコア”の2つ。
自分達はスコアに出場しました。


常に二人一組で行動しなければならないルール。
相方は当初tacさんでしたが、直前の所用により急遽りゅうせい君にバトンタッチです。
20代のバディに体力的についていけるか、いやどうやったってついていけないので、いかに効率良くCPを回れるかが鍵。

初日の雨で自分のiphoneが水没。
写真が一枚もないので、相方りゅうちゃんが撮った画像&映像を張ります。thank you for taking movies!





OMM JAPAN 2014 DAY1 from Wataru on Vimeo.



-Day1-

しっかり雨。
今回一緒に出場した岐阜のまーやん&ヒロキ君ペアと序盤から中盤まで一緒に行動した。
スタート地点の細野高原の雨景色は、事前に予習した本国イギリスのOMM Raceに匹敵するくらいの悪条件。
スタート10分前に初めて地図が渡され、各チームが作戦を練る。


9:00 START


スコア参加150組がフィールドを縦横無尽に走り回る。

予報では昼ごろに上がるはずの雨は、午後になってさらに激しくなり土砂降りに。
思い切って突っ込んだ谷が酷い状況で心折れそうになったり、その谷で出会った東京のアウトドアショップの人たちと仲良くなったり、三鷹の土屋さんにその谷を下ったことを話したら拍手されたり。

そんなかんじで1日目のゴール前には雨も上がり、全身ドロドロ、体はクタクタ。でも西日が眩しかった。


キャンプ指定地はストレート組もスコア組も同じ場所。
相方のタープに雑魚寝するスタイルで幕の分の荷物を減らすことができた。ありがとうりゅうちゃん。
大勢いると思っていたタープ泊はほとんどおらず、目に留まったのか雑誌の取材まで受けてしまいました。
 
そしてなぜか夕方から頭痛が酷くなり起きていられなくなったので、薬をもらって一旦仮眠。
1〜2時間寝たらだいぶ楽になっていた。
野球グランドにぎっしり埋まったテントサイトは異空間だった。
みんな担いできた酒を飲みながら、1日目の結果をあーだこーだとわいわい話す。

キャンプ地で地元の山仲間と再会したり、久しぶりの仲間と嬉しい再会があったり。初めての出会いがあったり。
楽しい時間はあっという間で、担いできた700mlのサングリアは全部なくなった。
22時ごろ就寝。


439061090.992370 from Wataru on Vimeo.

movie of the Ryusei product.




***************************************



OMM JAPAN 2014 DAY2 from Wataru on Vimeo.




-Day2-

ストレート組が6:30から順次スタートしていく中、スコア組は8:30とゆっくりめ。

2日目は昨日と打って変わって快晴!
行けるところまで行こう、という作戦。
途中、太平洋が最高に綺麗に見える道は爽快だった。

順調に進むも、No.17のCPが見つからず体力消耗、1日目からの疲労が蓄積した。その後も走ったり歩いたりで体に鞭打ったけど、最後三筋山の山頂までは体力が持たず、途中で引き返して指定時間の20分前。

12:10 GOAL!!





雨でぬかるんだ斜面に足を取られ数えきれないほどコケたこと。
トレイルの途中で偶然にも久しぶりに再会した友人と握手を交わせて嬉しかったこと。
地図読みが的中した時の安堵感。
体力のなさを痛感した瞬間。
一人じゃなく二人で挑む安心感。
ゴールした時の達成感。


どれも新鮮で充実した、次回も参加したいと思わせるとても楽しいレースでした。


結果:総合51位(128組中)




普段の山は紙の地図を広げるどころか持っていくこともせず、スマホのアプリとGPSに頼っていました。
1/25000地形図とコンパスを握りしめ、駆けずり回った2日間。自分たちの判断を信じて山を歩き、少し自信を持つこともできました。

体力、走力、読図力、軽量化etc・・・
いろいろ課題もはっきりしたので、来年またリベンジしたいと思います。



~fin~



PS.三重から仕事で伊豆近くまで来ていてわざわざゴールに駆けつけてくれたリカちゃん。
  まさかの会えず・・・(泣 
  後から来てくれてたのを知って驚いた嬉しかった!ありがとー!


  そして大会関係者の皆様、ボランティアの皆様、企画、サポートありがとうございました。
  特にゴール後8杯おかわりした金目鯛あら汁と8個食べたミカンは最高でした!



************************************************************************************************************
以下のリンクに、1日目、2日目に分けて、レースの素晴らしい写真アルバムが掲載されているのでよかったらご覧ください。(リンク承諾済み)

Adventure-j.comさん↓↓

OMM JAPAN 1DAY
スクリーンショット 2015-01-11 20.36.25
(Adventure-j.comさんより)


OMM JAPAN 2DAY
スクリーンショット 2015-01-11 20.35.10
(Adventure-j.comさんより)



-Memorrandum-
Hard Shell:Westcomb/Switch LT Hoody
Middle Layer:Westcomb/Crest Hoody
Base Layer:ibex/Woolies 150 Crew
Pants:OR/Radiant Hybrid Tights
Socks:Lotus/Drymax Lite Trail Run Mini Crew
Shoes:Inov-8/Trailroc245

4 Comments

  1. コケるのもめっちゃ楽しそう。
    (ケガしてないからだけど…)
    走ってゴールしてきたから、
    カメラ間に合わなかったよw

    そんでもって、
    ゴール辺りで写り込んでまーすw

    1. おかげで綺麗に保っていたシューズが一気に色褪せたかんじに(泣

      んん?写りこんでるって?
      ちょっと見てくる!

  2. 雨の中の過酷さと楽しさがたっぷり伝わってきました。いい顔してるね。

    1. その節はありがとねー☆

      コケまくってるの分かる?(笑)
      キツかったけどほんと楽しかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。